2012年06月14日

【巡音ルカ】ペルセポネ 【神話/アンビエント】



Vo:巡音ルカ
作詞:かなゆう 作曲:KeidaiP
作品No.100 2009.05.24

ペルセポネ(Persephone)は、ギリシア神話に登場する女神で冥界の女王
ゼウスとデーメーテールの娘でハーデースの妃とか
ハーデスに誘拐され冥界に閉じ込められる
空腹のため、ハーデスから差し出された冥界のザクロを半分食べてしまったため
一年の半分を冥界で暮らさなければならなくなった
このことが神話における四季の始まりとされるようになったとか


記念すべき100曲目
この曲ができたとき
やっと追い求めていた曲が出来た
自分のオリジナリティをつかんだ
そんな感覚だった。

この曲が生まれたことで
それまで悩んでいたことが吹っ切れ
独自の世界観へと突き進むキッカケになった
転換点の楽曲だったと思っています。
posted by keidaiP at 21:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

【巡音ルカ】殘月【ElectroPOP】



Vo.:巡音ルカ
作詞:澤木淳枝 作曲:keidaiP
作品No.182

久しぶりにハーモナイザーつっこんでみました。
ミクみたいな声質のところも有りますが、すべてルカです。

梅雨のうっとおしいお天気が続きます。
部屋にこもっていると、昔の恋人の事を思い出し
ふと目頭が熱くなる、そんな思いを込めて作りました。
posted by keidaiP at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

【初音ミク】稲妻の恋【JPOP】



Vo.初音ミク
作詞:ことは 作曲:keidaiP
作品No.181

許されぬ恋に落ちて天を捨てた羽衣の天女
稲妻のごとき激しき恋

雷鳴と共に浮かんだメロディーを曲にしてみました。
posted by keidaiP at 13:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

【鏡音リン・レン】くじらのこ【学園ラブコメ】



ボーカル:鏡音リン・レン
コーラス:初音ミク
作詞/作曲:keidaiP
作品No.44 2008.10.18

作詞は下手で、あまりやらないのですが
歌詞応募がないときは、しかたなくって感じで手がけてます。

この曲は、意外と好きでお気に入りなのです。
特に学園ものが大好きだったりします。

ー あらすじ ー
幼い頃に読んでもらった「ピンクのくじら」の絵本を元に描いた一枚の絵を学園祭の日に部室兼用の美術室に飾った。

くじらがピンクだなんてありえないためか、
部活仲間は、だれもくじらの絵だと気づかないので落ち込んで
ひとり部室に残された女子高生が主人公です。

その時、美術室に入ってきた上級生(男子)が、
絵を見たとたん「ピンクのくじら」とささやいたところから
物語が始まります。


ー 歌詞 ー
(一)
あなたが入ってきた美術室
一つの絵を見て私にささやいた
空飛ぶくじら
あなたの言葉に声も出せずに
ただうなずいた私

誰にもわかってもらえず
落ち込んでた
ピンクの鯨も悲しそうだったの

どうしててわかったの
あなたの言葉で
ピンクの鯨も幸せそうだった

あの日から気になって
気づいたらいつのまにか
思いがあふれて
あなたが好きだった

(二)
今日でお別れあなたとも会えない
卒業式であなたに一言掛けたくて
最後尾で待った卒業生を送る列

全部なくなってた学生服のボタン
声かけられなくなって
涙止めどなくあふれ
その時あなたから笑顔をくれたね

真っ暗になった夜の道
あなたと並んで駅まで歩いたね
私の傘がとても小さくて
あなたの肩に白い雪が積もった

私は紅茶とオレンジのタルト
あなたは飲めないコーヒーを頼んだ
ほおづえついて私を見つめる
あなたに気づいて胸が熱くなった

都会に旅立つあなたを見送るために
急いで改札を通り抜け走った
あなたの驚いた顔
黙って旅立とうとした
やさしいあなたにさようなら

(三)
花屋の店で偶然再会
あなたがこんな近くに住んでいたなんて
空飛ぶ鯨が引き合わせてくれたのね

絵本のことも最初から知ってたんだ
君のことも小学校が同じで
二年年下でよく一緒に遊んだ

そういえば鯨の絵本を
誰かに読んでもらっていた
それがあなただったのね

ジグソーパズルがガチリとはまったように
懐かしい思い出が次々と蘇り
時間を忘れて絵本の話をしたね

ふたりを結んだピンクの鯨
ふたりを結んだ空飛ぶ鯨




− 原作 −
くじらのこ 著作:氷雨(オンライン小説SNS STORIA)

原作のネタバレにならない程度のストーリー展開になってます
http://snsnovel.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=628


2012.6.3 Podcast用にRemix
posted by keidaiP at 14:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

【鏡音リン・レン】たからもの【JPOP】



Vo.鏡音リン・レン
作詞:マル 作曲:keidaiP
作品No.7 2008.6.2

記念すべき作品No1.から一月ぐらいの初期の作品です。
当時はこの楽曲をヘビロテして感動して涙したものでした。


もともとミク&ミクオで作ってた曲を
鏡音リン・レンを使って手直しました。

2012.6.2 Podcast用にRemix
posted by keidaiP at 20:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。